サイトをリニューアルします

Announcement : Renewal of main contents


Allegria Delirante would like to express the greeting from the whole heart to visitors who love wonderful scene of rubber fetishism. Since years no new content had been added to my website. I deeply apologise for my negligence. So I must admit in a straightforward way that some of old contents in the website are already less attractive. Such old-looking works should be renewed.
Then I will let you know that main contents of my website will be shown on new blog format and some examples of new artwork will be also presented at SNS online community “pixiv”. I would be grateful if you could be patient.

 

サイトをリニューアルします

サイト開設からはや12年余り、最近は新作の更新もできず、心苦しく思っておりました。ごめんなさい。新作もぼちぼち描いているのですが、まだお見せできるようなものではなく…かといって、旧作も相当稚拙なものとなっていますので、新規に描き直すことも考えています。
そこで、サイトをリニューアルしてブログ形式とし、pixivでも画像を公開していこうと思い、順次更新していきます。ご不便をおかけしますが、今後ともLATEX FELICEをよろしくお願いします。

利佳ちゃんのラバーバレエ - 第四幕 (改訂版)

 檻の中、虚ろな表情で利佳は食べ物を咀嚼していた。大きめのチャック式袋に入れられた料理を手づかみで口に運んでいた。鎖も外されて手が使えたので自分で食事する事が出来た。以前は椅子に拘束された状態で男達に食事を与えられていた。自分が食べたい物は与えられなかったが、栄養バランスが取れた、良い食事が与えられていた。食事の量や間隔は区々だったが、これも考慮されていた。
ただ、箸やフォーク、ナイフやスプーンは勿論、皿やカップ等の食器類は、凶器にされて抵抗や自傷されるのを防ぐ為、与えられてなかった。その為、利佳の食事風景は、テーブルマナーも食事作法もへったくれもない、極めてだらしないものだった。ポタージュ等のスープ、汁物でさえチャック袋から直に飲んだり、手で掬って口に運んだ。その為、利佳の口周りや胸元、掌は料理のソース等で汚れて、べとつかせていた。
それでも、汚れを気にして飲み水で洗い落とそうとしたりする仕草は、育ちの良い御嬢様らしかった。

Read more [+]

利佳ちゃんのラバーバレエ - 第三幕 (改訂版)

 窓一つない、コンクリートの空間に掠れるような少女の声が響く。もっとも、その声は響くという程大きくはなく、むしろ弱々しかった。
「あぶ…、のぉ…、まる…。あぶ…、のぉ…、まる…」
声の主は床から突き出た鉄製の男根を自分の性器に埋めていった。

 利佳は相変わらず、この部屋に監禁され、辱めを受けていた。
護謨のレオタードを着せられ、バレエのレッスンの最中だった。いや、バレエとは名ばかりの耐え難き陵辱だった。バレエのレッスン用のバーに手と首を鎖で繋がれ、床に取り付けられた鉄製の太いディルドゥを跨ぐ様に立たされ、足首はディルドゥに繋がれていた。
その状態でバレエのプリエをさせられていた。ラバーのレオタードとタイツには股間の部分にスリットが入っており、利佳が腰を落とす毎にディルドゥはヴァキナに埋まっていった。ディルドゥには途中でクッションが付けられており、事故で深く刺さって内臓まで突き破る心配はなかったが、それでもかなり深く入っており、子宮の一番奥まで突き上げられていた。

Read more [+]

利佳ちゃんのラバーバレエ - 第二幕 (改訂版)

もう、何時間、いや、何日たったのか判らなかった。一切窓がなく、人工的な照明しか光が無いコンクリートの密室に監禁され、時計やテレビ、ラジオ等時間を知る手だても無かったばかりでなく、ここに出入りして利佳の世話をする男達による生活のリズムが、あまりにも不規則だったからだ。
食事や睡眠の間隔が極端に開いていたり詰まっていたりで、そういう生活リズムからの時間の把握が出来なくされていた。眠りたいだけ眠らせて貰えたかと思えば、僅かな睡眠時間しか与えられなかったり、どんなに空腹を訴えても食事を与えて貰えないかと思えば、短い時間の間隔で大量の食料を詰め込む様に食べさせられたり…。排泄も例外ではなかった。食事の量や時間によって出る大便小便の量や間隔がまちまちなのは当然ではあったが、利佳は出したくても出させて貰えず我慢を長時間強いられたり、浣腸等で強制的に排泄されられたりしていた。
その為、利佳の生活リズムは完全に狂い、時間の感覚がマヒしつつあった。
それと平行して汚辱のバレエのレッスンは進められていた。
いや、それはバレエのレッスンとは似て異なるものであった。

Read more [+]